BLOF理論

BLOF(ブロフ)理論とは、3つの分野に分けて考察し、科学的・論理的に営農していく栽培技術です。

BLOF理論・はじめに/科学的な有機栽培技術で「高品質・高収量・高栄養」を実現

有機栽培の野菜

はじめに/BLOF(ブロフ)理論

有機栽培だから虫がつくのは仕方ない、収穫が少なくても仕方ない、と思っていませんか?

有機栽培だから、堆肥を投入していれば良い、虫がつくのは仕方ない、収量は低くても仕方ない、という時代は過ぎました。
ただ闇雲に有機栽培を行っても、安全で美味しい作物を安定的に生産することは出来ません。

本当に大切なことは、生産者自身が植物の成長過程を理解し、植物の栄養状態や圃場(ほじょう)の状態を知ることです。
そして、土壌分析・施肥設計を行うことにより、科学的データを蓄積させ、微調整を繰り返しながら、自らの施肥体系を確立することだと考えます。

その助けとなるのが、BLOF(ブロフ)理論です。
この理論に基づいて栽培を行うことにより、「高品質」・「高収量」・「高栄養」が実現できる時代に入っています。

BLOF(ブロフ)の有機栽培技術は、作物本来の力を取り戻します

BLOF理論とは、自然界の法則に従った作物整理の科学的理解と、土壌分析・施肥設計に基づいた科学的根拠を合わせた弊社独自の有機栽培技術です。

この栽培技術は、作物本来の力を取り戻すことができます。
作物の繊維づくりや細胞づくりが正常に行われ、耐病害虫に優れた高品質の作物や大きさが揃った高収量の作物を栽培することができます。
さらに、高栄養価の機能性作物を栽培することができます。

機能性作物とは?

機能性作物とは、「抗酸化力」・「ビタミンC」・「糖度」・「硝酸態窒素」などの科学的データに基づいて作物の栄養価を評価するものです。
BLOF理論に基づいて栽培された作物は、従来の作物よりも栄養価が高く、作物本来の旨味を感じることができます。
また、えぐみのもととなる硝酸態窒素は低くなることが証明されています。

詳細は以下のページをご覧ください。

BLOF理論について

土壌分析について

施肥設計について

同じ面積で2倍、3倍と採れていく/BLOFホールディングス PV紹介

BLOFホールディングス_PV

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。