/* get heic file format */ function allow_upload_heic( $mimes ) { $mimes['heic'] = 'image/heic'; $mimes['heic-sequence'] = 'image/heic-sequence'; return $mimes; } add_filter( 'upload_mimes', 'allow_upload_heic' ); ジャパンバイオファーム/有機農業技術の研究・BLOF理論・土壌分析・資材販売 https://japanbiofarm.com 有機栽培技術「BLOF(ブロフ)理論」の研究と人材育成で、安心・安全な農産物が普及する社会を実現します。土壌分析による施肥設計、堆肥、肥料等資材、苗の販売 Tue, 30 Nov 2021 22:54:53 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=5.8.2 有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>」2021.10月発売開始 https://japanbiofarm.com/organic-compost/1064.html Fri, 26 Nov 2021 00:04:01 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=1064 有機栽培のキノコ菌床のみを原料としている堆肥です。土壌の団粒化に大きな力を発揮します

有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>

2021年10月発売。
(株)ジャパンバイオファーム、(株)ハルカインターナショナル、(株)花ごころの共同開発商品。

キノコを作り終えた廃菌床を、セルロース分解菌(バチルス菌等)で発酵させ、オリゴ糖、ブドウ糖を経て有機酸にまで分解しています。
有機酸はそのまま吸われる他、土のミネラルを溶かし、作物が吸えるようにしてくれます。
広葉樹を主原料とする菌床が、スムーズに分解して土壌と植物に水溶性炭水化物を供給します。

BLOF理論において、3つの分野のうちの「土づくり」に属し、土壌団粒の掲載・土壌微生物の改善、水溶性炭水化物の供給に適した機能性資材です。

※ 商品の特質上、袋には小さな穴が空いています。
水分量の多い堆肥のため、袋外へ染み出すことがありますが、品質には問題ありません。

特徴/有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>」

  • 廃菌床をバチルス菌で堆肥化しました。
  • 乳酸菌を選抜培養することによって有機酸を多く含みます(㏗5前後)。
  • 廃菌床由来の木質繊維がしっかりと分解され、オカラ状になっています。
  • 植物原料を主とし、炭素分が多い(C/N比の高い)堆肥です。

ご注文

保証成分
成分 窒素全量0.6%・リン全量0.4%・加里全量0.2%  C/N比21
原材料 廃菌床
効果 ●有機酸がミネラル分を溶かし、キレート化させて吸収効率を高めます。
●有機酸自身も吸われ、水溶性炭水化物として光合成を助けます。
●野菜栽培で使えるほか、果樹、特にブルーベリーや茶の木に最適な堆肥です。
施用方法 ●太陽熱養生処理の際に使用してください。
●野菜の基肥、果菜類の追肥や果樹の基肥としてご利用ください
使用上の注意 ●酸性なので、堆肥の塊に直接作物の根が触れないようにご注意ください。耕耘、アルカリ資材との混合、太陽熱養生処理等を行い、しっかり土になじませてください。
●果樹への使用や追肥としての使用の場合、ミネラル肥料と混和して使用すると、より効果が望めます。
内容量 15kg
形状 粉(こな)状
有機対応
]]>
オンラインBLOFセミナー/12月開催のお知らせ(JOFA 日本有機農業普及協会) https://japanbiofarm.com/ouganic-study/1152.html Wed, 24 Nov 2021 00:44:18 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=1152 オンラインBLOFセミナー開催のお知らせ

JOFA 一般社団法人 日本有機農業普及協会
(株)ジャパンバイオファームのグループである「JOFA(一般社団法人 日本有機農業普及協会)」にて開催される「オンラインBLOFセミナー」、12月の開催予定をお知らせします。
セミナーはzoomにて開催。
参加費はお一人5,000円となっています(一日)。

2021年12月の開催予定

①12月8日(水)午後7時~10時  BLOF栽培理論基礎セミナー
②12月9日(木)午後7時~10時  BLOF土づくり技術・太陽熱養生処理技術セミナー
③12月10日(金)午後7時~10時 BLOF水稲・秋藁処理技術セミナー
講師:中村隆宏(JOFA・BLOFインストラクター)

※ 開始時間が午後7時からになっています。ご注意ください。

セミナーの詳細、お申し込み方法は、JOFAの公式ホームページをご覧ください。

JOFA 日本有機農業普及協会

セミナー詳細・お申し込み

]]>
無料お試し登録でも視聴可能!【ユーザー限定セミナー】 BLOFware.Doctor /2021.11月の開催予定のお知らせ  https://japanbiofarm.com/ouganic-study/1359.html Mon, 08 Nov 2021 10:17:03 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=1359 ユーザー限定セミナー・有機栽培技術「BLOFware.doctor

有機栽培技術BLOF理論でつくるありえない収穫量のキュウリ
有機栽培技術BLOF理論でつくるありえない収穫量のナス
有機栽培技術BLOF理論でつくるありえない収穫量のピーマン

※ 有機栽培BLOF理論による栽培でありえない収穫量を実現(通常、1つの節にこれだけたくさんの花房がつくことはありません)

無料お試し登録でも視聴可能!【ユーザー限定セミナー】 BLOFware.Doctor /2021.11月の開催予定のお知らせ

BLOFware.Doctor ユーザー限定オンラインセミナー、2021年11月の開催予定のお知らせです。

BLOFware.Doctorユーザーなら参加は無料!
今回は、活用方法のレクチャーを、インストラクターが詳しくお伝えいたします。
ぜひご参加ください。

なお、BLOFware.Doctorにご登録のない方も、お申し込み日より翌月末まで無償お試し期間となっています。
無料期間中でもセミナーは受講できますので、ぜひお気軽にご登録ください。

オンラインセミナーはzoomを使用して行います。
以下のフォームより、お申し込みを受け付けております(当日参加もOK)。

BLOFware.Doctorは、初めて有機栽培を行う方でも「高品質・高収量・高栄養」を実現できるクラウドサービスです。

開催予定日【ユーザー限定】※無料お試し期間中でも視聴可能!

  • 11/18(木)19:00〜20:30
  • 11/25(木)19:00〜20:30

セミナーの内容(予定)

  • BLOFware.Doctorの活用方法レクチャー
  • Q & A

BLOFware.Doctorにお申し込みの方はこちら(ご登録〜翌月末まで無料でお試しいただけます)

※ 無償お試し期間終了後、自動で有償サービスへ移行します。

お申し込み

有機栽培クラウド管理システム「BLOFware」

セミナー参加/お申し込みフォーム

参加希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。

  1. 入力
  2. 内容確認
  3. 送信
  4. 完了

お申し込み者情報

お名前 ※入力必須
ふりがな ※入力必須
郵便番号 ※入力必須
都道府県 ※入力必須
住所 ※入力必須
電話番号※入力必須
メールアドレス※入力必須

参加希望日

11/18(木)
11/25(木)
]]>
無料セミナー開催/2021.11月の開催予定のお知らせ  BLOFware.Doctor (水稲版・野菜版) https://japanbiofarm.com/ouganic-study/991.html Mon, 08 Nov 2021 04:37:29 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=991 有機栽培クラウドサービス「BLOFware.Doctor」無料セミナー開催日程

有機栽培BLOF理論で栽培したミニトマト/ありえない収穫量を実現

※ 有機栽培BLOF理論で栽培したミニトマト/ありえない収穫量を実現(通常、1つの節からこれだけ花房が出ることはありません)

2021.11月の開催予定のお知らせ  BLOFware.Doctor (水稲版・野菜版)紹介【無料セミナー】

BLOFware.Doctor(水稲版・野菜版)無料オンラインセミナー、2021年11月の開催予定のお知らせです。
BLOFware.Doctorは、初めて有機栽培を行う方でも「高品質・高収量・高栄養」を実現できるクラウドサービスです。

参加は無料!
オンラインセミナーはzoomを使用して行います。
ぜひお気軽にご参加ください。
以下のフォームより、お申し込みを受け付けております(当日参加もOK)。

開催予定日

  • 11/12(金)高収量、高品質、病害虫に負けないイネづくり(BLOF水稲の実践例紹介、BLOFware.Doctorの活用方法レクチャー)
  • 11/17(水)高収量、高品質、病害虫に負けない野菜づくり(BLOF野菜の実践例紹介・BLOFware.Doctorの活用方法レクチャー)
  • 11/19(金)高収量、高品質、病害虫に負けないイネづくり(BLOF水稲の実践例紹介、BLOFware.Doctorの活用方法レクチャー)
  • 11/24(水)高収量、高品質、病害虫に負けない野菜づくり(BLOF野菜の実践例紹介・BLOFware.Doctorの活用方法レクチャー)

開催時間

19:00〜20:00(全回共通)

参加費

無料(全回共通)

セミナーの内容(予定)

※水曜日は野菜作り編、金曜日はイネづくり編です

  • BLOFware各地実践例紹介
  • BLOFware.Doctoについて(機能・料金)
  • BLOFware.Doctor 活用方法
  • Q & A

セミナー参加/お申し込みフォーム

参加希望の方は、以下のフォームよりお申し込みください。
※ フォーム送信後、zoom ID、パスワードが自動返信されます。

  1. 入力
  2. 内容確認
  3. 送信
  4. 完了

お申し込み者情報

お名前 ※入力必須
ふりがな ※入力必須
郵便番号 ※入力必須
都道府県 ※入力必須
住所 ※入力必須
電話番号※入力必須
メールアドレス※入力必須

参加希望日

11/12(金)BLOFware.Doctor水稲版紹介セミナー~高収量、高品質、病害虫に負けないイネづくり~
11/17(水)BLOFware.Doctor野菜版紹介セミナー~高収量、高品質、病害虫に負けない野菜づくり~
11/19(金)BLOFware.Doctor水稲版紹介セミナー~高収量、高品質、病害虫に負けないイネづくり~
11/24(水)BLOFware.Doctor野菜版紹介セミナー~高収量、高品質、病害虫に負けない野菜づくり~
]]>
ミネラル肥料「リンサングアノ」/発酵、濃縮された良質なリン酸と腐食酸を多く含む有機質肥料です https://japanbiofarm.com/mineral-manure/152.html https://japanbiofarm.com/mineral-manure/152.html#comments Fri, 05 Nov 2021 05:36:38 +0000 http://japanbiofarm.com/?p=152 コウモリの死骸や排せつ物が堆積し、発酵・濃縮した有機質リン酸です。保肥力が向上します。


ミネラル肥料「リンサングアノ」

特徴/ミネラル肥料「リンサングアノ」(愛知県23農経 第1576号)

  • インドネシア産のバットグアノです。
  • コウモリの死骸や排せつ物が堆積し、発酵・濃縮した有機質リン酸です。
  • 長期間堆積しているため、臭いはありません。家庭菜園やベランダでも安心して利用できます。
  • 崩壊性が良いので、施肥後、水が当たると粉状になります。

ご注文

 

保証成分
成分 リン酸全量 27.6%(内く溶性リン酸17.3%)、石灰全量 37.1%、腐植酸 8.1%
原材料 リン酸質バットグアノ
効果 ●ク溶性の成分が多いので、肥効が長続きします。
●リン酸によって、花付が良くなったり、生育全体を補強します。
●石灰は細胞壁を強化し、果実の割れなどを防ぎます。
●腐植酸により、保肥力が向上します。
施用方法 ●土壌分析の結果に基づいて、施肥量を決定して下さい。
●全量基肥、且つ全層施肥でお使いください。
●過剰に施肥した場合、病気が出やすくなったり、微量要素(鉄、マンガンなど)が効きにくくなります。
●土壌分析を行えない場合は、㈱ジャパンバイオファームにお問い合わせください。
使用上の注意 ●水を含むと粒が砕けてしまうので、湿気の少ないところで保管して下さい。
参考文献
内容量 20kg
形状 粒(つぶ)状
有機対応
]]>
https://japanbiofarm.com/mineral-manure/152.html/feed 1
ミネラル肥料「カルアース」/石灰肥料でありながら、中性のためpHを上げません。硫黄分を含み、作物の香りを向上させる効果もあります https://japanbiofarm.com/mineral-manure/149.html https://japanbiofarm.com/mineral-manure/149.html#comments Thu, 04 Nov 2021 05:28:12 +0000 http://japanbiofarm.com/?p=149 作物の細胞組織を強化させ、病害虫抵抗性を向上させます

ミネラル肥料「カルアース」

特徴/ミネラル肥料「カルアース」

  • 中性のため、土壌pHを上げることがありません。
  • 土壌pHの高いほ場やブルーベリー、お茶の栽培に適しています。

ご注文

保証成分  -
成分 石灰全量(CaO):30%・硫黄(S):15%
原材料 天然石こう(硫酸カルシウム)
効果 ●作物の細胞組織を強化させ、病害虫抵抗性を向上させます。
●トマトの尻ぐされ、ハクサイ・キャベツ・タマネギの芯腐れ、リンゴのビターピット予防などに効果があります。
●硫黄を含んでいるため、タマネギ・ネギ・ニンニクなどの作物において香りを向上させる効果があります。
施用方法 ●施用量は、他のミネラルとのバランスを整えるように、土壌分析・施肥設計に基づいた量としてください。
●基本的に、ミネラルが窒素より先行して根の周りにあるような状態をつくるために、「ミネラル先行、窒素後追い」で施肥してください。
使用上の注意 ●硫黄成分を含むため水田では使用できません。
●果樹の実肥、礼肥では肥効がずれ込みます。
●直射日光を避け冷暗所に保管してください。
参考文献 「現代農業」2003年10月号 P78
「現代農業」2007年6月号 P80
内容量 15kg
形状 粒状
有機対応
]]>
https://japanbiofarm.com/mineral-manure/149.html/feed 1
ミネラル肥料「ブルーマグ」/穏やかに効くク溶性と早く効く水溶性を併せた天然性苦土肥料です https://japanbiofarm.com/mineral-manure/136.html https://japanbiofarm.com/mineral-manure/136.html#comments Wed, 27 Oct 2021 04:48:05 +0000 http://japanbiofarm.com/?p=136 水溶性の硫黄成分が作物の香りとコクを引き出します

ミネラル肥料「ブルーマグ」

特徴/ミネラル肥料「ブルーマグ」(輸 第11571号)

  • 穏やかに効くク溶性と早く効く水溶性を併せた天然苦土肥料です。
  • 肥料自体が弱アルカリ性のため、酸性の土壌に最適です。
  • 長期間効果を発揮しますので、追肥作業を軽減でき、長期獲りの作物に最適です。
  • 葉緑素の中心となるミネラルです。適正量施肥することにより光合成を促進します。

ご注文

保証成分 ク溶性苦土:40.0%(内水溶性苦土8.0%)
成分 ク溶性苦土:40%(内水溶性苦土8%)
原材料 水滑石・硫酸苦土
効果 ●苦土は葉緑素の中心となる元素であるため、施用により光合成能力を高め、病気にかかりにくい植物体を形成します。
●光合成が促進されることにより炭水化物の生産量が増え、デンプンや糖度が向上します。
●油脂合成に関わり、大豆や菜種などの子実の油脂含有量を増加させます。
●果実では葉に照りを出し、カビなどの病気が付きにくい葉を形成します。
●他のミネラルとの相乗効果で、ビタミン、アミノ酸等の栄養成分を増加させます。
●水溶性の硫黄成分が作物の香りとコクを引き出します。
施用方法 ●施用量は、他のミネラルとのバランスを整えるように、土壌分析・施肥設計に基づいた量としてください。
●基本的に、ミネラルが窒素より先行して根の周りにあるような状態をつくるために、「ミネラル先行、窒素後追い」で施肥してください。
使用上の注意 ●土壌pHが7.3以下の圃場にご使用下さい。
●硫酸成分を含むため、水田では使用を控えてください。
参考文献 「現代農業」2002年10月号 P48
「現代農業」2002年10月号 P72
「有機栽培の基礎と実際」 P114
内容量 15kg
形状 粒状
有機対応
]]>
https://japanbiofarm.com/mineral-manure/136.html/feed 1
ミネラル肥料「シェルエース」/耐病性、品質・収量の向上に貢献します https://japanbiofarm.com/mineral-manure/142.html https://japanbiofarm.com/mineral-manure/142.html#respond Tue, 26 Oct 2021 05:07:00 +0000 http://japanbiofarm.com/?p=142 耐病性、品質・収量の向上に貢献します。ケイ酸をはじめとするミネラルを微量に含みます。

ミネラル肥料「シェルエース」

特徴/ミネラル肥料「シェルエース」(北海道 第5140号)

  • ホタテ殻のため溶けやすく、効きやすくなっています。
  • 施肥の後、播種、定植がすぐ出来ます。
  • 肥効は長く穏やかな効果です。
  • ケイ酸をはじめとするミネラルを微量に含みます。

ご注文

保証成分
成分 石灰:53%・苦土:0.16%・ケイ酸:2.15%
原材料 ホタテ殻
効果 ●極端なアルカリ性にすることがないので、根や種を傷めることがありません。
●耐病性、品質および収量の向上に貢献します。
施用方法 ●施用量は、他のミネラルとのバランスを整えるように、土壌分析・施肥設計に基づいた量としてください。
●基本的に、ミネラルが窒素より先行して根の周りにあるような状態をつくるために、「ミネラル先行、窒素後追い」で施肥してください。
●作付直後から効果を発揮させるには、早めに施肥しておくか、堆肥等に混ぜて発酵熱等で溶けださせるようにしてからご利用ください。
使用上の注意 ●微量要素は含まれておりますが、作物に対して十分な量が含有されているわけではありません。土壌分析・施肥設計により適正な微量要素を他の肥料より施肥ください
参考文献 「現代農業」2003年10月号 P78
「現代農業」2007年6月号 P80
「有機栽培の肥料と堆肥」 P138
内容量 20kg
形状
有機対応
]]>
https://japanbiofarm.com/mineral-manure/142.html/feed 0
異常気象の強い味方/作物を元気にする「酢」の力 https://japanbiofarm.com/special/1216.html Mon, 25 Oct 2021 09:47:42 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=1216 異常気象の強い味方/作物を元気にする「酢」の力

有機栽培、異常気象時の強い味方/「酢」の活用

身近な調味料「酢」の力

化学的に合成された肥料や農薬を使わない有機栽培に使用できる資材として、作物を元気にする「酢」の実力が、近年注目されています。
雨続き、曇天続きでも、酢が光合成の代わりをしてくれ、根が弱った野菜への散布、葉が黄色くなってしまった野菜への散布に効果的です。

人間でも、「毎日小さじ3杯飲めば疲労回復の効果があり、体調が良くなる」と言われる酢。
酢は人間だけでなく、作物にとっても力を発揮します。

環境への負荷軽減が世界的に取り組まれるようになり、有機栽培が各国の政策としても重点的に取り組まれるようになりました。
中でも「酢(酢酸)」は、安全性が確認され、夏場の乾燥に強くする効果もわかっています。
異常気象の強い味方/作物を元気にする「酢」の力

長雨で野菜が弱る、葉が黄色くなる原因は?


長雨や曇天続き、台風などで葉が黄色くなってしまうことがありますが、これは毛細根がダメージを受けてしまうことが原因です。
「根傷み」「根腐れ」と呼ばれる症状で、弱った根は死に絶えたり、簡単に微生物に分解されてしまいます。
根が傷めば、ミネラルを吸うことができなくなります。
作物の生長のためには、光合成や葉緑素の生成を助けるマグネシウムや鉄、マンガン、ホウ素など、様々なミネラルが必要ですが、根が傷むと、これらを吸う力がなくなってしまうのです。

窒素過多で作物は軟弱になり、病害虫の餌食になる

ただし水はなんとか吸うことができるので、水に溶けやすい窒素ばかりを吸い上げる結果になり、「窒素過多」になります。
しかし、作物が元気に、緑を保つためには、窒素だけでは足りません。

窒素ばかりでは光合成がうまく行われず、光合成の産物である炭水化物も作れません。
必要なミネラルの吸収が出来なくなった作物は細胞壁も弱くなり、軟弱なひょろひょろとした生育になります。
緑も薄くなり、病害虫にも弱くなります。

曇天、雨天続きに効果的/根の修復、強いカラダ(繊維づくり)には光合成産物を直接与える

曇天長雨の予報が出たら、事前に散布がまず有効です。
光合成で作られる炭水化物を、酢を散布することで直接葉面から補うことができます。

異常気象の強い味方/作物を元気にする「酢」の力

酢が光合成の代わりをして助けてくれる

酢の主成分である酢酸(CH3COOH)は、光合成で作られる「グルコース」(CH6H12O6)と同じ、炭水化物の仲間です。
作物に酢を与えることは、光合成産物を直接与えることになります。

炭水化物は細胞壁(セルロース)の原料になります。
また、ミネラルをキレート化して吸い上げる「根酸」を作るためにも、炭水化物が必要です。

炭水化物の中でも、とくに酢酸は分子量が小さく(グルコースの1/3)、植物が素早く吸収できます。

修復を早めるには濃いめの散布/30〜50倍

根の弱りがひどい場合、早く回復するためには、30〜50倍(酸度4.5%の酢の場合)の濃いめの散布がおすすめです。
濃いお酢の散布で、2〜3日後にはもう葉がピンと張り始め、成果が目に見えてあわわれはじめます。
濃度が濃いと、弱った作物に病原菌がとりつくのを防ぐこともできます。

ポイントとして、この高濃度倍率では、作物の生長が一時的に抑制されることです。
栄養生長を一時的に止めることで、細胞分裂、細胞壁(セルロース)形成に使う炭水化物を、根の修復の方に回せるのです。

薄い散布ならアミノ酸の液肥に/濃すぎれば害になる

100倍以上(酸度4.5%の酢の場合)の薄めの希釈の場合、酢酸がチッ素と結びついてアミノ酸を形成して生長を促進します。
この倍率であれば、栄養成長を止めることはありません。

反対に、1〜5倍程度(酸度4.5%の酢の場合)の濃すぎる酢は、植物の害になります。
その濃度では、植物を枯らせてしまう除草剤ほどのマイナス効果となってしまいます。

葉面散布には「えぐみ」を消す効果も

作物が元気になる、弱った作物が復活する効果のほかに、酢には、葉にたまった硝酸を消化する働きもあります。
これにより、「えぐみ」が少なくなり、ほうれん草や春菊などが苦手だった子供たちが、「美味しい!」と喜んで食べるようになったという例もあります。

酢の種類にも注意!

酢にはいろいろな種類がありますが、調味料として使う一般的な酢には、アミノ酸、ミネラル、旨味成分など、いろいろな成分が混じっています。
これらの酢でも効果はありますが、修復を早めたいときには、とにかく炭水化物を与えることが重要です。
純粋なアルコールに近いものから作った醸造酢のほうが効果が高くなります。

ジャパンバイオファームの醸造酢「アグリエー酢」

有機農業で活躍・酢の実力「アグリエー酢」

ジャパンバイオファームの「アグリエー酢」は、醸造酢であり、酸度が10%と高く、一般的な食酢の2倍以上で経済的です。
曇天時の生育障害への炭水化物の補給と、土壌中のミネラルを溶かし出す効果(ミネラルのキレート化)で作物を活性化させます。
葉面散布では、クエン酸のように再結晶化することもありません。

また、石灰資材と混ぜて葉面散布することにより、生物環境を整え、病害虫を防ぐ効果があります。
この方法は、夏場の高温乾燥時に、石灰の欠乏を補給する効果もあり、乾燥に強くすることもわかっています。
作物が健康に生長するために、カルシウムは欠かせないミネラルです。
カルシウムで葉が厚く強くなり、病害虫に強くなるほか、ツヤ・照りがしっかりと出て、盛んな光合成によって高品質・多収穫を得られるようになります。

「アグリエー酢」製品詳細

]]>
初めての方はお読みください/土壌分析のお申し込み方法 https://japanbiofarm.com/soil-analysis/1256.html Mon, 25 Oct 2021 05:19:38 +0000 https://japanbiofarm.com/?p=1256 土壌分析のお申し込み方法

土壌分析ご依頼の手順

はじめて弊社に土壌分析をお申し込み頂く方は、以下の要領でお申し込みをお願いします。

土壌分析料金

土壌分析料金は1検体につき5,000円(税抜)とさせていただきますが、肥料をご購入【5,000円(税抜)以上】いただいた時点で、3,000円(税抜)へ肥料代金から割り引きとさせていただきます。

 

土壌分析お申込+肥料ご購入【5,000円(税抜)以上】 土壌分析のみお申込
3,000円(税抜) 5,000円(税抜)

① 土の取り方

一箇所につき、お茶碗いっぱい分ぐらいの土を目安にお送りください。
採取していただく土は、雨上がり後のビショビショではなく、また乾き過ぎたものでもなく、適度に湿り気のある、通常のほ場の状態に近いものを送ってください。
(※水稲で乾かすのが難しい場合は水分を多めに含んでいても構いません。その場合、袋から水分が漏れ出さないようにきつく密封してください)

弊社では、農協などで一般的に行われている「重量法」ではなく、「体積法」でより正確な土壌分析を行います。
普段、作物がどんな土に根を張っているか、出来るだけ近い状態の土をお送りいただくのが、分析の上で重要なポイントになります。

土の取り方/土壌採取方法 詳細

② 土を入れた袋に「お名前・ほ場名」をご記入ください

土、水分が漏れ出さないように袋を密封し、油性マジックで「お名前・ほ場名」をご記入ください。

③ 土壌分析申込書のダウンロード

以下のリンクより、土壌分析申込書をダウンロードし、プリントアウトの上ご記入ください。
1枚の用紙には、2検体分の記載覧があります。3検体以上のお申し込みは、用紙を分けてご記入ください。

用紙は3タイプあります。
直接ご記入の場合は①を、
エクセルに入力後プリントアウトする場合は②を、
BLOFware.Doctorにご加入の方は③をご利用ください。

※BLOFware.Doctorにご加入の方は、②のエクセルに「BLOFware.Docter用(設計なし)」と”お名前”覧にご記入頂く形でも構いません。

④ 送付前にご連絡ください

お申し込みの際は、お問い合わせフォームより事前連絡をお願いします。
納期の目安についてお知らせさせていただきます(通常2週間程度。混雑時は3週間〜1ヶ月程度お時間を頂く場合がございます)。

⑤ 土とお申込書を郵送

事前連絡が済みましたら、お申込書と土を同封してジャパンバイオファームまでお送りください。
1〜2検体分であれば、レターパックなどでも送付可能です。


【送付先】
株式会社ジャパンバイオファーム

〒396-0111
長野県伊那市美篶1112
TEL:0265-76-0377 FAX:0265-76-9005

補足

ジャパンバイオファームの土壌分析について

]]>