土壌分析

土壌分析は、土壌の物理性・生物性・科学性の中から化学性に的を絞って、作物の品質や収量が上がらないといった原因を突き止めるための1つの手段です。
化学性に的を絞ることで、土壌中に存在する養分、とくにミネラルの過不足を把握することができます。

土壌分析のご依頼/料金/お申し込み方法

土壌分析のご依頼について

弊社では、土壌分析・施肥設計のご依頼を承っております。
土壌分析ご希望のお客様は、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。

株式会社ジャパンバイオファーム
電話:0265-76-0377(またはお問い合わせフォームよりお願いします)

【用紙のダウンロード】

土壌分析の内容/料金について

土壌分析料金は1検体につき5,000円(税抜)とさせていただきますが、肥料をご購入【5,000円(税抜)以上】いただいた時点で、3,000円(税抜)へ肥料代金から割り引きとさせていただきます。

 

土壌分析お申込+肥料ご購入【5,000円(税抜)以上】 土壌分析のみお申込
3,000円(税抜) 5,000円(税抜)

土壌分析について

  1. 弊社で実施している土壌分析方法は、有機物を施肥しているほ場に最適な「体積法」を用いた分析法です。
    従来行なわれている「重量法」とは異なるため、他の分析法にて分析された数値と異なる場合があります。予めご了承ください。
  2. 土壌分析のお申し込みは、施肥(追肥)前にお願い致します。
  3. 土壌の採取については、土の採り方のページを参考にしていただき、充分に注意して採取してください。
  4. 土壌を入れた袋には、「ほ場名」を必ずご記載ください。
  5. 土壌分析には、通常2週間程度のお時間をいただいておりますが、お申し込みが施肥前時期で重なるなどの理由から、更にお時間をいただく場合がありますので、予めご了承ください。

土壌分析の検査項目

土壌分析の検査項目は下記のとおりです。

成分 検定範囲 識別(段階)
pH(酸度) 4~7.5 8
アンモニア態窒素(NH4-N) 1~25mg/100g土 6
硝酸態窒素(NO3-N) 1~50mg/100g土 6
可給態リン酸(P2O5) 5~150mg/100g土 7
カリ(K2O) 1~150mg/100g土 7
石灰(CaO) 50~1000mg/100g土 6
苦土(MgO) 1~150mg/100g土 7
可給態鉄(Fe) 5~100PPM 6
交換性マンガン(Mn) 5~100PPM 6
塩分(NaCl) 0.005~0.20% 6

分析結果のご連絡と分析代金の支払いについて

  1. 土壌分析結果については、施肥設計シートに記載してご希望の方法でお送りいたします。メール、FAX、郵送など承りますのでご指定ください。
  2. 分析代金につきましては、分析結果をお届けした月末に締め、翌月請求書をお送りいたします。(資材の購入代金などと一緒の請求書となります)
  3. 代金振り込みの際の振込手数料はご負担ください。

BLOFware.Doctorにお申込みの場合

なお、ご自身で施肥設計からほ場管理をしていただくことができるサービス「BLOFware.Doctor」の水稲版をリリースしております。
詳しくは「BLOFwareシリーズ」のページをご覧ください。

BLOFware.Doctorにお申込みの場合、土壌分析結果のみをお客様へお送りします。
料金は特価1,500円(税抜)となります。

土壌分析結果の様式

土壌分析結果の様式

土壌分析申込み書

【用紙のダウンロード】

注意事項

  1. 土壌分析のお申し込みの際には、必ず事前にご連絡をいただきますようお願いいたします。
  2. 「土壌分析申込書」に必要事項をご記入いただき、土壌と一緒に下記、ジャパンバイオファームまでお送りください。
  3. 1枚の「土壌分析申込書」には、2検体分の記載欄があります。3検体以上のお申し込みについては、用紙をコピーするか印刷してお使いください。
  4. 下記の「土壌分析申込書」のファイルがご使用になれない場合は、弊社までお問い合わせください。FAXまたは郵送にて「土壌分析申込書」をお送りします。
  5. 前作または半年前までに施肥した肥料(果樹は1年間の施肥)の履歴が分からないと正確な施肥設計ができないことがあります。
    特に有機肥料(堆肥を含む)を使用している場合は、Dr.ソイルで土壌分析できる窒素が無機態窒素(アンモニア態窒素、硝酸態窒素)のみですので、アミノ酸態などの有機態窒素の施肥履歴が重要となります。その点ご理解いただき「土壌分析申込書」に記入漏れのないようにお願いいたします。
  6. 前作から1年以上無栽培だったほ場、または新規のほ場については、栽培履歴欄にはその旨をご記入ください。
土壌分析申込書(記入例)PDF形式 (149 ダウンロード)

土壌分析申込書、採取土の送付先

(株)ジャパンバイオファーム
〒396-0111
長野県伊那市美篶1112
TEL:0265-76-0377
E-mail:dojo@japanbiofarm.com

今後の体制について

弊社は、お客様がご自身で土壌分析診断ができることが強みになると考えております。
そのため、今後は下記3つを中心にお客様のご要望にあったサポートができるよう体制を整えてご提案させていただきます。

・地域ごとにおける土壌分析グループの創設およびグループ加入による共同分析
・土壌分析および設計講習会の実施
・グループでの肥料共同購入・農産物販売への進展

土壌分析に関して、ご意見・ご要望などございましたらお聞かせください。
お問い合わせ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。