有機質堆肥

キャンペーン特価!/有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>」2021.10月発売開始

有機栽培のキノコ菌床のみを原料としている堆肥です。土壌の団粒化に大きな力を発揮します

有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>」

2021年10月発売。
(株)ジャパンバイオファーム、(株)ハルカインターナショナル、(株)花ごころの共同開発商品。

キノコを作り終えた廃菌床を、セルロース分解菌(バチルス菌等)で発酵させ、オリゴ糖、ブドウ糖を経て有機酸にまで分解しています。
有機酸はそのまま吸われる他、土のミネラルを溶かし、作物が吸えるようにしてくれます。
広葉樹を主原料とする菌床が、スムーズに分解して土壌と植物に水溶性炭水化物を供給します。

BLOF理論において、3つの分野のうちの「土づくり」に属し、土壌団粒の掲載・土壌微生物の改善、水溶性炭水化物の供給に適した機能性資材です。

キャンペーン特価/1パレット単位(48袋)のご注文で60%割引(品切れ次第終了)

特徴/有機質堆肥「ハイパーカーボンBLOF堆肥21<岐阜>」

  • 廃菌床をバチルス菌で堆肥化しました。
  • 乳酸菌を選抜培養することによって有機酸を多く含みます(㏗5前後)。
  • 廃菌床由来の木質繊維がしっかりと分解され、オカラ状になっています。
  • 植物原料を主とし、炭素分が多い(C/N比の高い)堆肥です。

ご注文

保証成分
成分 窒素全量0.6%・リン全量0.4%・加里全量0.2%  C/N比21
原材料 廃菌床
効果 ●有機酸がミネラル分を溶かし、キレート化させて吸収効率を高めます。
●有機酸自身も吸われ、水溶性炭水化物として光合成を助けます。
●野菜栽培で使えるほか、果樹、特にブルーベリーや茶の木に最適な堆肥です。
施用方法 ●太陽熱養生処理の際に使用してください。
●野菜の基肥、果菜類の追肥や果樹の基肥としてご利用ください
使用上の注意 ●酸性なので、堆肥の塊に直接作物の根が触れると焼けてしまいます。耕耘と太陽熱養生処理をしっかりして、土になじませてください
●果樹への使用や追肥としての使用の場合、ミネラル肥料と混和して使用すると、より効果が望めます。
内容量 15kg
形状 粉(こな)状
有機対応

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。