BLOF wareシリーズ

(株)ジャパンバイオファームのBLOF理論と、NTTコムウェアのタッグで生まれた営農支援クラウドサービス

BLOFware.Doctor 野菜版をリリース/誰でも簡単に有機栽培を成功させることができるクラウドサービス

クラウドで圃場の管理。有機栽培の施肥設計、営農記録が行える「BLOFware.Doctor」野菜版をリリースしました

誰でも簡単に有機栽培を成功させるBLOFwareDoctor
2021/9/15、NTTコムウェアとジャパンバイオファーム共同開発の「BLOFware.Doctor」野菜版がリリースしました。

BLOFware.Doctor(ブロフウェア.ドクター)とは?

誰でも簡単に、有機栽培で「高品質・高収量・高栄養」を実現できるクラウドサービスです

「BLOFware」は、有機栽培技術「BLOF(ブロフ)理論」に基づいて、高品質・高収量・高栄養を、誰でも簡単に実現するために開発されたクラウド支援サービスです。

クラウド上のサービスであるため、インターネット回線のつながる場所であれば、どこからでも圃場の管理、施肥の設計、営農の記録などが一元管理で行えます。

BLOFware.Doctor利用者は、土壌分析の結果、施肥の結果などをもとに、専門のインストラクターから技術的なアドバイスを受けることも出来るので、初心者でも安心して有機栽培に取り組めます。

無料お試し期間

お申し込み日より翌月末までは、「お試し期間」として無料で利用が可能です(一部機能の制限あり)。
ぜひお気軽にお試しください。

なお、有償サービスでは、土壌分析代金や肥料の割引等、お得な利用特典がございます。

※ 無償お試し期間終了後、自動で有償サービスへ移行します。

お申し込み

有機栽培クラウド管理システム「BLOFware」

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。